新宿の「ビックロ」6月閉店…12年にオープン、訪日客でにぎわうも「再開発で客足に変化」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、家電量販大手ビックカメラと連携した東京・新宿の「ビックロ ユニクロ新宿東口店」を6月19日に閉店することを明らかにした。

 新宿駅周辺の再開発に伴う客足の変化を見込み、賃貸借契約の満了に合わせて撤退を決めたという。閉店に伴い「ビックロ」の名称はなくなる。

「ビックロ ユニクロ新宿東口店」(2020年4月4日撮影)
「ビックロ ユニクロ新宿東口店」(2020年4月4日撮影)

 両社が共同運営する大型店「ビックロ」は、家電と衣料品を並べて相乗効果を狙い、2012年9月にオープンした。1階にビックカメラとユニクロの共同展示場を設けたほか、2階と3階にユニクロの単独店舗が入り、コロナ禍前は大勢の訪日外国人客らでにぎわった。

 地下や上層階に入居するビックカメラや7階の「ジーユー(GU)」などは営業を続ける。ビックカメラによると、ユニクロが入っていたフロアの後継テナントは未定という。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3015849 0 経済 2022/05/20 14:03:00 2022/05/20 21:51:31 2022/05/20 21:51:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220520-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)