三井物産が豪州の森林投資管理会社株を追加取得、出資比率49%に…野村HDも41%取得へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三井物産は20日、豪州の森林資源への投資管理会社ニューフォレスツの株を追加取得し、出資比率を現在の約23%から49%に高め、筆頭株主になると発表した。野村ホールディングス(HD)も41%の株を取得する。森林の適切な管理を通じて、温室効果ガスの排出量削減や森林の有効活用を図る。

 ニューフォレスツは投資家から資金を募って豪州で110万ヘクタールの森林を管理・運用しており、木材やウッドチップ、二酸化炭素の排出権としての活用を手がけている。出資を機に三井物産と野村の国内外でのネットワークを通じて投資を呼び込み、アジアや南米、アフリカなどの森林にも事業を広げていく考えだ。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3016822 0 経済 2022/05/20 19:24:00 2022/05/24 22:46:40 2022/05/24 22:46:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)