バイデン氏、IPEFは「TPPと別物だが半ば含有」…復帰否定し代替効果アピール

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=田島大志】米国のバイデン大統領は21日の米韓首脳会談後の記者会見で、米国主導で近く創設する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」について、「TPP(環太平洋経済連携協定)とは別物だが、TPPの要素を半ば含有している」と述べた。

21日、ソウルで記者会見に臨むバイデン米大統領=ロイター
21日、ソウルで記者会見に臨むバイデン米大統領=ロイター

 IPEFの効果をアピールし、TPP復帰を改めて否定したものだ。バイデン氏は「(米国が関与して)国際課税の新ルールを確立したように、国際的な効果を発揮する」とも強調した。

 米国では雇用への悪影響の懸念から、TPPのような自由貿易協定への反対が根強く、IPEFには関税引き下げは盛り込まれない。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3019324 0 経済 2022/05/21 21:39:00 2022/05/21 21:39:00 2022/05/21 21:39:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220521-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)