ロシア発言時に日米など5か国一時退席、萩生田氏「抗議の意思示した」…APEC貿易相会合

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=山村英隆】日米中露など21か国・地域によるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の貿易相会合が21日、タイ・バンコクで始まった。会議中、ロシアの発言時に日本や米国などが一時退席した。

ウィンブルドンのロシア・ベラルーシ選手除外、女子テニス協会が罰金計1億3400万円
日米など5か国がロシアの発言時に一時退席したAPECの貿易相会合(21日、タイ・バンコクで)=山村英隆撮影
日米など5か国がロシアの発言時に一時退席したAPECの貿易相会合(21日、タイ・バンコクで)=山村英隆撮影

 退席したのは、日米のほかカナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5か国。ロシアからはレシェトニコフ経済発展相が出席していた。萩生田経済産業相は報道陣に対し、退席の理由について、ロシアのウクライナ侵攻への「抗議の意思を示す意味だ」と述べた。

 会議では、コロナ禍からの経済回復に向けた人の移動の自由や、エネルギー価格の高騰などについて議論する。22日に閉幕の予定だが、ロシアと西側諸国の溝は深く、共同声明をまとめられるかは不透明だ。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3019214 0 経済 2022/05/21 21:11:00 2022/05/21 21:14:35 2022/05/21 21:14:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220521-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)