ダボス会議、2年ぶり対面開催…ロシアの参加は認められず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ダボス(スイス東部)=池田晋一】世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)が22日、スイスのリゾート地・ダボスで開幕した。各国首脳や企業トップら約2500人が参加し、ロシアのウクライナ侵攻を受けて高騰する食料価格やインフレ(物価上昇)など世界規模の課題について議論する。26日まで。

世界経済フォーラムの会場準備をする人たち(22日、スイスのダボスで)=AP
世界経済フォーラムの会場準備をする人たち(22日、スイスのダボスで)=AP

 ダボス会議は例年1月に行われるが、新型コロナウイルス感染拡大で延期されていた。対面での開催は約2年ぶり。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が23日にオンラインで講演するほか、ドイツのショルツ首相、北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長らが参加する。

 今回はロシアからの参加は認められていない。WEFのクラウス・シュワブ会長は開幕に先立つ18日、「ウクライナ侵攻は歴史の転換点であり、我々はウクライナの復興のためにできる限りのことをする」と述べた。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3021433 0 経済 2022/05/22 21:40:00 2022/05/22 21:40:00 2022/05/22 21:40:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYT1I50107-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)