天候に恵まれ、甘いスイカできた…「日田西瓜」初出荷式

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大分県日田市特産の「日田 西瓜すいか 」の初出荷式が23日、JAおおいた山田原集出荷場であった。

出荷の準備を進める生産者ら
出荷の準備を進める生産者ら

 この日はハウス栽培の1050個が集荷され、生産者らがブランド名が記載されたラベルを貼り、箱詰め作業をしていった。

 日田西瓜は9キロ前後が中心で玉太りが良い。寒暖差がある土地で育つため糖度が高く、シャリシャリとした食感が人気。日田西瓜部会の足立忠雄部会長(66)は「今年は雨が少なく天候に恵まれ、例年通りに甘いスイカができた」と話していた。

 同部会の12戸が約24ヘクタールで栽培。露地栽培を含め、8月のお盆過ぎまで大分、別府、福岡の各市場に、昨年をやや上回る約1500トンを出荷する予定。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3029196 0 経済 2022/05/25 13:10:00 2022/05/25 13:10:00 2022/05/25 13:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50143-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)