訪日客受け入れへ実証事業、第1陣が米国から到着…添乗員が行動管理・体調を確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 観光庁は24日、外国人観光客の受け入れ再開に向けた実証事業を始めた。米豪など4か国の旅行会社関係者ら15組約50人が参加し、千葉や長野など12県を旅行する。政府は6月に観光客の受け入れ再開を検討しており、新型コロナウイルスの効果的な感染対策などを検証する。

北京市トップ、ゼロコロナ「今後5年堅持」と発言か…SNS上で猛反発が起き報道修正
観光庁
観光庁

 24日午後、第1陣として米国から2組7人が成田空港に到着した。7泊8日の日程で、日光東照宮(栃木県)や白川郷(岐阜県)などを巡る。

 参加はワクチンの3回接種と民間医療保険の加入が条件で、日本の旅行会社の添乗員が同行して行動管理や体調確認を徹底する。入国時には、マスク着用などを順守してもらうための誓約書を提出してもらう。

 ハワイから訪れた旅行会社社長のネディーン・K・シマブクロさんは「PCR検査など入国時の負担が改善されれば、顧客に日本への旅行をお薦めできる」と話していた。

 実証事業を踏まえ、観光庁は旅行・宿泊業者向けのガイドライン(指針)を今月中に策定する。観光客に対する感染対策の呼びかけ方などをまとめる。

 政府は6月から、ウイルス流入のリスクが低い国・地域の観光客から入国を認める方針。当面は添乗員付きのパッケージツアーに限定する方向だ。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3027029 0 経済 2022/05/24 18:05:00 2022/05/24 20:11:11 2022/05/24 20:11:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT1I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)