ロシア最大手銀行、ドル建て社債をルーブルで利払い…米英制裁の影響で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ダボス(スイス東部)=池田晋一】ロシアの最大手銀行ズベルバンクは24日、ドル建て社債の利払いをロシアの通貨ルーブルで実施したと発表した。米国と英国の対露制裁の影響で、利払いを仲介する金融機関がドルでの手続きを拒否したため、ルーブルで支払ったとしている。

ロシアの最大手銀行ズベルバンクの現金自動預け払い機(ATM)に並ぶ人たち(2月、AP)
ロシアの最大手銀行ズベルバンクの現金自動預け払い機(ATM)に並ぶ人たち(2月、AP)

 対象となったのは、2023年5月に償還を迎える発行額10億ドル(約1270億円)の社債で、23日が半年に1度の利払い日だった。ロシア中央銀行が示した為替レートでルーブルに換算して支払ったという。実際に社債を持つ投資家に利払いがされたかどうかは明らかにしていない。

 米政府は4月、対露制裁の一環としてズベルバンクの米国内の資産を凍結し、米国の個人や企業との取引も禁止した。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3028851 0 経済 2022/05/25 10:36:00 2022/05/25 10:36:00 2022/05/25 10:36:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)