国内景気「持ち直しの動きみられる」、総括判断据え置き…5月の月例経済報告

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は25日発表した5月の月例経済報告で、国内景気の総括判断を「持ち直しの動きがみられる」に据え置いた。新型コロナウイルスが個人消費に与える悪影響が縮小しつつあるとして、前月の「新型コロナによる厳しい状況が緩和される中で」との表現を削除した。

[政策分析 参院選]<3>コロナ対策…経済との両立 方法は
首相官邸
首相官邸

 まん延防止等重点措置が解除され、宿泊や外食などを中心に個人消費は持ち直し傾向にある。国内で感染が本格化した2020年3月以降、初めて総括判断の現状部分から新型コロナに関する表現が消えた。

 中国で厳格な「ゼロコロナ政策」により生産などが落ち込んだ影響を受け、輸入を「このところ弱含んでいる」とし、6か月ぶりに下方修正した。

 先行きの懸念材料として、中国の新型コロナ感染の再拡大やロシアのウクライナ侵攻の長期化などを挙げた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3028912 0 経済 2022/05/25 11:11:00 2022/05/25 11:11:00 2022/05/25 11:11:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)