ノリ苦境、食害深刻で生産ピーク比4割減…コンビニおにぎり用など消費も低迷

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ノリが深刻な不作に陥っている。2021年度(昨年11月~今月15日)の生産枚数はピーク時(2001年度)より約4割少なかった。地球温暖化などが影響しており、今後も続く恐れがある。生産量だけでなく、国内消費も落ち込んでおり、生産者らを悩ませている。(清水生、井上勇人)

戦い

 江戸前ノリの産地・千葉県富津市の東京湾に異変が起きたのは7年前の冬。長年、養殖を手がける小泉敏さん(67)が網を上げると、育っていたノリが、バリカンで刈ったように根元からなくなっていた。

養殖網のノリを食べるクロダイ(今年1月、千葉県富津市で)=千葉県水産総合研究センター提供
養殖網のノリを食べるクロダイ(今年1月、千葉県富津市で)=千葉県水産総合研究センター提供

 原因はクロダイ。収穫最盛期の冬場は海水温が低くなり、動きが鈍って食欲も低下するが、この頃から、群れで泳ぎ回り、ノリを食べるようになった。

 網を別のネットで覆ったが、隙間からの侵入を完全に防ぐのは難しい。新富津漁協の生産量は20年度、食害が始まる前の4分の1に激減した。21年度はやや回復したが、「近年はクロダイとの戦いです」と小泉さんがため息をついた。

 食害の背景には、地球温暖化があるとみられている。実際、東京湾中心部の1月の海水温は、15年までの60年間で約3度上昇している。

 県水産総合研究センターの石井光廣さん(59)は「冬場は海水温が比較的高い湾口に多かったクロダイが、ノリ養殖場のある湾の奥まで活動範囲を広げている。個体数も増えた可能性が高い」と指摘する。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3032204 0 経済 2022/05/26 15:00:00 2022/05/27 12:30:45 2022/05/27 12:30:45 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220526-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)