イオン創業家の小嶋千鶴子さん死去、106歳…弟の岡田卓也氏らと流通大手の礎を築く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 イオン名誉顧問の小嶋千鶴子(こじま・ちづこ)さんが20日、老衰で死去した。106歳だった。葬儀は近親者で済ませた。お別れの会は7月25日午後2時、三重県四日市市安島1の3の38都ホテル四日市「伊勢の間」。喪主は弟で、イオン名誉会長相談役の岡田卓也氏。

小嶋千鶴子さん(イオン提供)
小嶋千鶴子さん(イオン提供)

 1939年に家業でイオンの前身にあたる岡田屋呉服店の代表取締役に就任。69年のジャスコ(現イオン)設立後は取締役や常務取締役として、人事・教育制度の整備などに尽力した。岡田氏らとともに、国内を代表する流通大手の礎を築いた。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3032927 0 経済 2022/05/26 18:49:00 2022/05/26 22:25:32 2022/05/26 22:25:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220526-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)