観光開発ランキング、日本が初の首位…世界経済フォーラム調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ダボス(スイス東部)=池田晋一】世界経済フォーラム(WEF)が24日発表した2021年版の旅行・観光開発力の調査で、日本が初めて首位になった。コロナ禍で外国人観光客の受け入れ停止が続いた中、交通インフラや文化面での豊かさが評価された。

 調査対象は117か国・地域で、2位以下は米国、スペイン、フランス、ドイツが続いた。調査は隔年で実施され、日本は前回(19年版)は4位だったが、21年版の評価基準で計算し直すと2位だった。

東京駅
東京駅

 日本は航空インフラや文化、自然資源の分野で高評価を得た一方、価格競争力や環境の持続性の面では改善の余地があるとされた。

 WEFは「(日本を含む)アジアは、文化と自然の観光資源の組み合わせに優れるが、環境の持続性の問題がその地位を脅かしている」と指摘した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3033264 0 経済 2022/05/26 22:05:00 2022/05/27 01:27:32 2022/05/27 01:27:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220526-OYT1I50147-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)