近年まれに見る出来の「夕張メロン」、2玉300万円で落札…100人に無料提供へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 札幌市中央卸売市場で26日、夕張メロンの初競りが行われ、落札額の最高値は2玉300万円と過去3番目に高い金額となった。北海道夕張市の厚谷司市長は「天候に恵まれて非常に甘くて香りの高いメロンができた。多くの方に食べていただきたい」と期待した。

東京のコロナ感染者、1週間前から倍増5302人…島根・愛媛・熊本で過去最多に
初競りで2玉300万円で落札された「夕張メロン」
初競りで2玉300万円で落札された「夕張メロン」

 これまでの最高額は2019年の2玉500万円。20年は新型コロナウイルスの影響で最高値は2玉12万円に落ち込んだものの、昨年は2玉270万円で落札された。

 落札した「ホクユーパック」(夕張市)は来月4日、夕張メロンドーム(同市)で、落札したメロンを先着100人に無料で振る舞う予定。野田清道会長(74)は「近年まれに見る出来。夕張に来て食べてほしい」と笑顔だった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3034052 0 経済 2022/05/27 08:56:00 2022/05/27 11:00:02 2022/05/27 11:00:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220527-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)