60代と70代のSNS利用、前年から大幅増…外出自粛で子や孫との連絡手段に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省が27日発表した2021年の「通信利用動向調査」によると、インターネットを利用する60、70歳代でSNSを使う人の割合が、それぞれ前年から10ポイント以上の大幅な増加となった。コロナ禍で外出自粛が続き、離れて暮らす子や孫、知人と連絡を取るためにSNSの利用を始めた人が増えた可能性がある。

コロナ感染じわり再拡大…「BA・5」置き換わりでワクチン効果弱まる
総務省
総務省

 調査は郵送で行い、約4万4000人から郵送や電子メールで回答を得た。21年8月末時点でネットを利用している人に、「フェイスブック」「ツイッター」「LINE」といったSNSの利用状況を尋ねた。

 SNSを使う人の割合は、60歳代が71・7%で前年の60・6%から11・1ポイント、70歳代が60・7%と前年の47・5%から13・2ポイント、それぞれ上昇。他の年齢層に比べて60、70歳代の伸びが目立った。

 SNSを利用していると回答した人に目的を複数回答で聞いたところ、「知人とのコミュニケーション」が88・6%で最も多く、次いで「知りたい情報を探すため」が63・7%だった。

 一方、ネットを利用している人の割合は、各年齢層で前年からほぼ横ばいとなった。13~19歳から50歳代まではそれぞれ90%以上となったが、60歳代は84・4%、70歳代は59・4%、80歳以上は27・6%だった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3036610 0 経済 2022/05/27 22:37:00 2022/05/28 01:16:43 2022/05/28 01:16:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220527-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)