米SEC、マスク氏の調査開始…ツイッター株の大量取得報告に遅れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者によるツイッター社の株式取得について、米証券取引委員会(SEC)が調査を進めていることが27日、分かった。株式を大量に取得したにもかかわらず、報告が遅れたことなどを問題視している。

イーロン・マスク氏=ロイター
イーロン・マスク氏=ロイター

 問題となっているのは、マスク氏がツイッター株を約9%取得したことが判明した4月4日の報告だ。

 米メディアによると、株式の5%以上を取得した株主は、SECに対し、10日以内に届け出ることが義務づけられている。マスク氏の開示では3月14日にその基準を超えたとみられるが、実際に報告されたのは4月4日で、「10日以内」から遅れる形になった。その後、4月下旬にマスク氏によるツイッター社買収が決まった。

 SECはマスク氏に宛てた書簡で「あなたの開示内容をよりよく理解するため、追加情報を求める」としている。

 この問題を巡っては、開示を遅らせたことで、マスク氏が安い価格でツイッター株を買い進めることができたなどとして、一部株主がマスク氏を訴える動きも出ている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3038331 0 経済 2022/05/28 18:27:00 2022/05/28 18:27:00 2022/05/28 18:27:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)