黒霧島は8%アップ…霧島酒造が焼酎15年ぶり値上げ、基腐病でサツマイモ収穫減

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 霧島酒造(宮崎県都城市)は8日、芋焼酎の全16銘柄の税抜き希望小売価格を9月1日の出荷分から2~11%値上げすると発表した。主力の「黒霧島」は8%の値上げで、紙パックの1・8リットル入り(アルコール25度)が税抜きで140円高い1845円となる。

黒霧島
黒霧島

 同社が値上げするのは、2007年7月以来、約15年ぶり。原油価格の高騰に伴う包装資材や燃料のコスト上昇に加え、18年に国内で初めて確認された「サツマイモ 基腐病もとぐされびょう 」の拡大で収穫量が減少したサツマイモの価格が上がっていることが要因としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3067114 0 経済 2022/06/08 18:09:00 2022/06/08 20:06:12 2022/06/08 20:06:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220608-OYT1I50124-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)