クールジャパン機構の累積赤字309億円、改善見込めない場合は統廃合を…財務省が提言

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 財務省は20日、多額の損失を抱える官民ファンド「海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)」について、今秋以降も業績改善が見込めない場合、組織の統廃合を念頭に整理すべきだとの提言をまとめた。同日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)財政投融資分科会で示した。

クールジャパン機構が入る六本木ヒルズ(読売ヘリから)
クールジャパン機構が入る六本木ヒルズ(読売ヘリから)

 機構は今年3月末時点の投資損益が309億円の累積赤字となった。コロナ禍の長期化で、投資先の一部で売上高が大幅に減少し、計画よりも52億円赤字が拡大した。機構は今秋までに、出資企業の監督強化などを含む改善計画をまとめ、分科会が内容を確認する方針だ。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3098670 0 経済 2022/06/20 21:29:00 2022/06/21 06:56:02 2022/06/21 06:56:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220620-OYT1I50133-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)