日産のEV駆動装置、マクラーレンに供給…フォーミュラEのシーズン9から

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日産自動車は23日、電気自動車(EV)の国際レース・フォーミュラEに参戦を予定する英国のレーシングチーム「マクラーレン・レーシング」と、EVの駆動装置となるパワートレインの供給契約を結んだと発表した。

マクラーレンのレース車両のイメージ(日産提供)
マクラーレンのレース車両のイメージ(日産提供)

 マクラーレン・レーシングはフォーミュラ1(F1)で数多くの優勝経験を持つ。1980~90年代にはホンダからエンジンの供給を受け、アイルトン・セナらが活躍した。フォーミュラEには2022~23年の「シーズン9」から参戦を計画する。

フォーミュラE(2014年)
フォーミュラE(2014年)

 日産はすでにフォーミュラEのレーシングチーム「e.dams(イーダムス)」の買収を発表しており、レースを通じてEVの技術力向上を図る。アシュワニ・グプタ最高執行責任者は「車の電動化を推進する上で、マクラーレンは理想的なパートナーだ」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3108104 0 経済 2022/06/23 19:33:00 2022/06/23 19:49:44 2022/06/23 19:49:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220623-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)