アサヒビール、鳥栖に「新九州工場」…25年末に操業停止の博多工場跡地は売却も検討

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 アサヒビールは23日、2025年末に操業を終了する博多工場(福岡市)の移転先として、佐賀県鳥栖市を選んだと発表した。「新九州工場(仮称)」として26年の操業開始を目指す。

アサヒビール本社
アサヒビール本社

 新工場の敷地面積は博多工場の2倍超、年間生産量は1・3倍になる。主力ビールの「アサヒスーパードライ」やノンアルコールビールなどを製造する。従業員数は博多工場と同規模の約120人を見込む。博多工場の跡地については、売却も含めて検討を続ける。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3108133 0 経済 2022/06/23 19:54:00 2022/06/23 19:54:00 2022/06/23 19:54:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220623-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)