電力需給ひっ迫、初の「注意報」で1都8県に節電呼びかけ…夕方以降に「予備率」低下の見込み

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は26日、東京電力管内で27日の電力需給が 逼迫ひっぱく する見通しになったとして、電力需給逼迫注意報を発令した。注意報は、早めの節電を呼びかけるために5月に新設し、発令は初めてとなる。東電管内の1都8県に、午後3時から午後6時にかけて可能な範囲で協力を求める。

 27日の東電管内は、厳しい暑さが予想される。電力供給の余力を示す「予備率」は午後4時~4時半が4・7%、午後4時半~午後5時が3・7%に低下すると見込む。冷房の電力需要は大きいままで、夕方になると太陽光の発電量が減り、需給が厳しくなるためだ。

東京電力ホールディングスの本社ビル(26日、東京都千代田区で)
東京電力ホールディングスの本社ビル(26日、東京都千代田区で)

 資源エネルギー庁の担当者は26日の記者会見で、「昼過ぎまでは電力需給にある程度、余裕がある。適切な冷房の利用や水分補給を行い、熱中症にならないよう十分に注意してほしい」と述べた。午後3時以降、使っていない部屋の照明を消すといった無理のない範囲で節電を呼びかける。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3115942 0 経済 2022/06/26 21:26:00 2022/06/27 07:10:54 2022/06/27 07:10:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)