ロシアが事実上の債務不履行、ロイター報道…制裁で投資家に利払い金届かず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

赤の広場(ロシア・モスクワで)
赤の広場(ロシア・モスクワで)

 【ミュンヘン=池田晋一】ロイター通信は27日、ロシア政府が事実上の「債務不履行(デフォルト)」に陥ったとみられると報じた。外貨建て国債の利払いの猶予期限を26日に迎えたが、米国の経済制裁の影響で、投資家に資金が届かなかったためだ。ロシアは、金融市場での資金調達が一段と困難になる。

ロシア軍の補給ルート遮断、孤立化狙う…ウクライナ軍が南部要衝の橋攻撃

 対象の国債はドルとユーロ建てで、利払い額は計約1億ドル(約135億円)。ロイターによると、複数の国債保有者が26日までに利払い金が届いていないと証言した。米国はロシア国債の元利金を受け取ることを禁止しており、一時的に認める特例は5月25日に失効した。ロシアが送った利払い金が、金融機関で滞留している可能性がある。

 一方、ロシアは、自国通貨ルーブルで利払いを続ける意向を示している。インターファクス通信によると、ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は27日、ロシア政府がデフォルトに陥ったとする報道について「同意できない」と述べた。

 ロシアが外貨建て債務でデフォルトになれば、ロシア革命後の1918年以来、1世紀ぶり。ただ、デフォルトを判断する大手格付け会社は、経済制裁の影響でロシア国債の格付けを取り下げており、正式に認定されるかどうかは不透明だ。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3119580 0 経済 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 06:39:32 2022/06/28 06:39:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)