東芝、綿引万里子・社外取締役が辞任…「物言う株主」2人の取締役選任に反対

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東芝の社外取締役で弁護士の綿引万里子氏(67)(元名古屋高裁長官)が辞任したことが28日わかった。綿引氏は「物言う株主」とされる外資ファンド2人の取締役選任に反対していた。

東芝の定時株主総会会場に入る株主たち(28日午前、東京都新宿区で)=飯島啓太撮影
東芝の定時株主総会会場に入る株主たち(28日午前、東京都新宿区で)=飯島啓太撮影

 綿引氏はこの日の株主総会で東芝が提案した取締役選任案で、株主の過半数の賛成で承認されたばかりだった。

 綿引氏は6月上旬に記者団の取材に応じ、外資ファンド2人を取締役に招くことについて「取締役会の公平性、バランスの観点から問題がある」と表明していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3121421 0 経済 2022/06/28 17:16:00 2022/06/28 17:16:00 2022/06/28 17:16:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)