羽田―金浦の航空路線、2年3か月ぶりに再開…日航「潜在需要の高い路線なので期待」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で中断していた東京・羽田―ソウル近郊 金浦キムポ の航空路線が29日、2年3か月ぶりに再開した。日本と韓国の計4社が週8往復を運航する。

羽田空港
羽田空港

 日本航空や全日本空輸、大韓航空、アシアナ航空が運航し、7月以降は運航本数を増やす計画だ。コロナ禍前は4社で週84往復運航しており、韓国メディアによると年間約200万人が利用していた。

 成田―ソウル(仁川)線よりも両空港は都心に近く、ビジネス客を中心に需要の回復が見込まれている。日航の広報担当者は「潜在需要の高い路線なので、大いに期待している」と話した。

 路線再開は韓国の 尹錫悦ユンソンニョル 大統領の意向が影響したとされる。冷え込んだ日韓関係の改善につながるか、注目されている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3124701 0 経済 2022/06/29 18:24:00 2022/06/29 18:24:00 2022/06/29 18:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220629-OYT1I50120-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)