電力供給「綱渡り」、千葉の発電所は再稼働・福島は停止…「予備率」改善厳しく

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 電力 逼迫ひっぱく を受けて再稼働を目指していた東京電力と中部電力が出資する発電会社のJERAの姉崎火力発電所5号機(千葉県市原市、60万キロ・ワット)は、30日午前10時45分に稼働した。一方、東北電力などが出資する常磐共同火力は30日、 勿来なこそ 火力発電所9号機(福島県いわき市、60万キロ・ワット)が設備の不具合で同日午前3時ごろに停止したことを明らかにした。

電力不足のため運転を再開した姉崎火力発電所5号機(手前左の低い建物)(30日午前、千葉県市原市で、読売ヘリから)=加藤祐治撮影
電力不足のため運転を再開した姉崎火力発電所5号機(手前左の低い建物)(30日午前、千葉県市原市で、読売ヘリから)=加藤祐治撮影

 東京電力管内は30日も「電力需給逼迫注意報」が発令されている。姉崎火力発電所の稼働で管内の電力供給の余力を示す「予備率」は約1%改善する見込みだったが、勿来火力発電所のトラブルに伴い、引き続き厳しい状態が続きそうだ。

 勿来火力発電所9号機は石炭を燃料とし、東北電力管内と東電管内に電力を供給している。出力を25万キロ・ワットに落とし、午後3時の再稼働を目指している。

 経済産業省は30日も注意報を継続し、特に電力需給が厳しくなる午後3時~6時にかけて、可能な範囲での節電を呼びかけている。予備率(午前10時10分時点での見通し)が最も厳しくなるのは午後4時30分から午後5時で、予備率が3・0%となる見通しだ。

 日本列島は30日も高気圧に覆われ、関東地方で35度を超える猛暑日となり、厳しい暑さとなっている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3126784 0 社会 2022/06/30 13:07:00 2022/06/30 16:28:22 2022/06/30 16:28:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)