設備トラブルの火力発電所が復旧・再稼働…出力25万kWまで回復

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 設備の不具合で停止していた常磐共同火力の勿来火力発電所9号機(福島県いわき市、60万キロ・ワット)が30日午後、再稼働した。午後0時半に発電を再開し、同2時に出力25万キロ・ワットまで回復した。

常磐共同火力の勿来(なこそ)発電所(2016年、読売機から撮影)
常磐共同火力の勿来(なこそ)発電所(2016年、読売機から撮影)

 勿来火力発電所9号機は設備のトラブルで同日午前3時頃に停止し、東北電力などが出資する常磐共同火力が復旧を急いでいた。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3127486 0 経済 2022/06/30 16:17:00 2022/06/30 17:59:32 2022/06/30 17:59:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50132-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)