富山にアトランティックサーモンの陸上養殖施設…三菱商事とマルハニチロ、27年度出荷へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱商事とマルハニチロは30日、国内でアトランティックサーモンの陸上養殖に乗り出すと発表した。合弁会社を設立し、富山県入善町に養殖施設を建設する。年2500トンを生産し、27年度からの出荷を目指す。養殖に適した海域が限られる中、国内企業が技術を持ち寄り、国産サーモンを陸上で安定的に生産したい考えだ。

アトランティックサーモン(三菱商事提供)
アトランティックサーモン(三菱商事提供)

 新会社の出資比率は三菱商事が51%、マルハニチロが49%となる。黒部川の伏流水と富山湾の海洋深層水を使い、飼育槽の水は 濾過ろか して一部を循環させる仕組みだ。天候に左右されずに生産ができ、排せつ物による海の汚染も避けられる。

 三菱商事はノルウェーやチリでサーモンの海面養殖を手がけており、マルハニチロはサクラマスの陸上養殖の知見を持つ。両者のノウハウや人工知能(AI)などを駆使して、効率的な生産を目指すという。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3127733 0 経済 2022/06/30 18:08:00 2022/06/30 22:20:02 2022/06/30 22:20:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50204-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)