ロシア「ニッケル王」に英が制裁、供給不安の恐れ…シェアの大きいパラジウムが一時急騰

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】英政府は29日、ロシアの大富豪で、プーチン政権に近いウラジーミル・ポターニン氏を制裁対象にすると発表した。ポターニン氏は金属大手の首脳を務める「ニッケル王」として知られ、制裁でニッケルやパラジウムの供給不安が広がるとの懸念も出ている。

クリミア「脱占領」へ、ゼレンスキー氏が諮問機関設置…プーチン政権への揺さぶりか
ウラジミール・ポターニン氏(ロイター)
ウラジミール・ポターニン氏(ロイター)

 欧米メディアによると、これまでポターニン氏を制裁対象に加えた主要国はカナダのみ。同氏が首脳の金属大手ノリリスク・ニッケルが、自動車などの生産に必要なパラジウムで大きなシェア(占有率)を占めており、制裁で供給に影響が及ぶのを避ける意図があったとみられる。

 制裁の発表を受け、ニッケルとパラジウムの価格は一時、急騰した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3128994 0 経済 2022/07/01 00:04:00 2022/07/01 00:04:00 2022/07/01 00:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50182-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)