トヨタ、新型ランクルの受注停止…生産追いつかず納車まで4年超

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は1日、スポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー」の受注を停止していると発表した。半導体などの部品不足で生産が追いつかなくなっており、納車まで4年を超える状態になっていた。

トヨタ自動車が受注を停止したスポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー」
トヨタ自動車が受注を停止したスポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー」

 受注を停止しているのは、国内では昨年8月に発売された新型「300シリーズ」。再開は生産状況を踏まえて、来年半ばに公表する予定だ。

 ランクルは、1951年に警察予備隊(現・陸上自衛隊)向けの車両として生まれ、その後、市販された。約170の国と地域で販売されており、累計1000万台以上、売れている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3131761 0 経済 2022/07/01 20:44:00 2022/07/01 22:44:11 2022/07/01 22:44:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220701-OYT1I50193-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)