知事はどこを目指して発言したのか…リニア巡り、真意測りかねる島田市長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 リニア中央新幹線静岡工区の建設を巡り、これまでルート変更や工事中止に言及していた静岡県の川勝知事が、現行ルートでの整備を前提とする方針を示したことについて、島田市の染谷絹代市長は1日の記者会見で、「知事の真意がよく分からない」と述べた。

リニア建設に関する県の姿勢を説明する川勝知事(29日、静岡県庁で)
リニア建設に関する県の姿勢を説明する川勝知事(29日、静岡県庁で)

 知事は6月29日の記者会見で、沿線自治体でつくる建設促進期成同盟会への加盟にあたり、ルートに関する考え方などを事実上軌道修正した。

 染谷市長は「ルート変更や(工事)中止にも言及していた知事が、『(変更を)私が先導することはない』と言い、期成会の方針に沿う形で加盟する方向になった。知事がどこを目指して発言したのか分からない」と話した。一方、「受け止め方は人それぞれだが、知事の方針は大きく転換してはいないと思う」とも述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3133918 0 経済 2022/07/02 17:34:00 2022/07/02 19:35:31 2022/07/02 19:35:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)