「この時を待っていた」3年ぶりのビアガーデン、猛暑にキンキンに冷えた一杯

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 記録的な早さで夏本番を迎え、ビアガーデンがにぎわっている。この2年間はコロナ禍でほとんど営業していなかったが、感染対策が進み、キンキンに冷えた一杯で涼を求める人たちの姿も街に戻ってきた。

集団感染4校、13日に初戦「体力面不安なく挑んでいくだけ」
ビアガーデンで食事を楽しむ人たち(2日夜、大阪市北区で)=金沢修撮影
ビアガーデンで食事を楽しむ人たち(2日夜、大阪市北区で)=金沢修撮影

 サントリーホールディングス本社ビル(大阪市北区)屋上のビアガーデンは7月から3年ぶりに営業を再開した。ビルの1階で来店客の検温とアルコール消毒を実施し、密を回避するため席数はコロナ前と比べて3割減らした。7月中の休日は予約でほぼ満席という。客たちは「この時を待っていた」「これだけ暑いとビールが進む」と、ジョッキをあおった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3135772 0 経済 2022/07/03 12:00:00 2022/07/03 12:00:00 2022/07/03 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)