KDDI通信障害、東日本は午後5時半頃に復旧作業終了へ…社長「深くおわび」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

au通信障害についての記者会見で、冒頭に陳謝するKDDIの高橋誠社長(右)と吉村和幸取締役執行役員専務・技術統括本部長(3日午前11時2分、東京都千代田区で)=古厩正樹撮影
au通信障害についての記者会見で、冒頭に陳謝するKDDIの高橋誠社長(右)と吉村和幸取締役執行役員専務・技術統括本部長(3日午前11時2分、東京都千代田区で)=古厩正樹撮影

 2日未明から全国で続く携帯電話サービスの通信障害を受け、KDDIは3日、記者会見を開いた。高橋誠社長は会見の冒頭で、「社会インフラを支え、安定したサービスを提供する立場の通信事業者として深く反省しております。お客さまには、多大なご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 KDDIは影響が出た回線数について、「最大約3915万回線」と明らかにした。障害からの復旧については、静岡県、長野県、富山県から西の地域は3日午前11時頃、それ以外の東日本は午後5時半頃に復旧作業を終える予定だと説明した。ただ、本格的なサービスの再開は、ネットワーク試験の検証をした上で決定するとしている。

 障害は2日午前1時35分頃に発生し、通話やデータ通信がつながりにくくなる影響が出ている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3135708 0 経済 2022/07/03 11:27:00 2022/07/03 13:27:22 2022/07/03 13:27:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)