「一律に補償をするかはまだ回答を持ち合わせていない」…KDDI社長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 KDDIの通信障害に関する3日の記者会見で、高橋誠社長との主なやり取りは次の通り。

 ――昨年10月のNTTドコモの大規模障害など、他社や自社の過去の教訓を生かせていたか。

記者会見に臨むKDDIの高橋誠社長(3日)
記者会見に臨むKDDIの高橋誠社長(3日)

 「過去や他社の事例を受けて、設計は見直している。バックアップが十分対応できる設計・想定でやっていたが、事故を起こしてしまったので、結果として計画が甘かった。今後検証を行っていく」

 ――個人や法人に対する補償は。

 「一律に補償をするかはまだ回答を持ち合わせていないが、個人・法人を問わずご迷惑をおかけした。今回の障害の内容を見た上で、検討していく」

 ――経営責任は。

 「これだけの大きな事故を起こしてしまい非常に申し訳なく、当然経営者として大きな責任がある。重大な事故として捉えて、まず障害を収束させることを第一としている」

 ――IoT(モノのインターネット)を進める立場としての反省は。

 「通信会社は、これからのDX(デジタルトランスフォーメーション)時代を支えるために重要だという認識は持っている。今回の事故は物流、自動車、気象など色々なところに影響があった。非常に重要な立場と再認識し、しっかりネットワークを守っていきたい」

 ――ホームページで利用者に周知しても、ネット利用に制限があると見られない。

 「パソコンでご覧いただけると思い、ホームページに障害情報を掲載した。周知が十分ではなかったという指摘は 真摯しんし に受け止める」

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3136426 0 経済 2022/07/03 20:26:00 2022/07/03 21:10:23 2022/07/03 21:10:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)