「県民割」拡大、国交相「感染状況を見極めて判断」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 斉藤国土交通相は5日、閣議後の記者会見で、これまでの旅行割引キャンペーン(県民割)の全国版にあたる新たな観光支援策「全国旅行支援」の開始時期について、「(新型コロナウイルスの)感染状況を総合的に見極めた上で適切に判断したい」と述べた。政府は7月前半の開始を目指していたが、足元では感染者数が増加傾向にあるため、参院選後に最終判断する。

東京都で新たに2万3511人コロナ感染、2日ぶりに1週間前を下回る
観光客らが戻り始めている京都市中心部(6月25日)
観光客らが戻り始めている京都市中心部(6月25日)

 斉藤氏は7月前半開始の前提として、6月中の感染状況を見極め、改善が確認できることを挙げた。ただ、厚生労働省の助言機関は6月末、「今後、大都市部で新規感染者数の増加が見込まれる」との見解を示していた。斉藤氏は「認識は共通している」と述べ、政府全体で慎重に検討する考えを示した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3143326 0 経済 2022/07/05 21:25:00 2022/07/06 00:47:03 2022/07/06 00:47:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50149-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)