明石のタコや魚の絵いっぱい、すギョい列車…さかなクンデザイン「海づくり号」運行

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 11月に兵庫県明石市で開催される「全国豊かな海づくり大会」をPRするため、山陽電鉄は今月から、車体のラッピングやヘッドマークなどで装飾した「豊かな海づくり号」の運行を開始した。

自分のイラストがラッピングされた電車を前にするさかなクン(左)と泉市長(明石市で)
自分のイラストがラッピングされた電車を前にするさかなクン(左)と泉市長(明石市で)

 東京海洋大名誉博士でタレントのさかなクンが、同市の「明石たこ大使」も務めることから、イラストの制作を依頼した。先頭車の車体側面に施したラッピングや他の車両のドア脇には、大会のロゴマークやタコ、タイ、アナゴなどのイラストがあしらわれている。

 4両編成で大会が終了する11月13日まで、普通電車や朝と夜に運転する「S特急」に使用。ほかにヘッドマークなどで装飾した直通特急6両1編成も、9日から阪神大阪梅田―山陽姫路に走らせる。

 1日には市内の同社東二見車庫で泉房穂市長、上門一裕社長、さかなクンらが出席してお披露目式を行い、運行を開始した。さかなクンは「大好きな明石のタコや魚の絵が使われ、最高にうれしい。大会が楽しみ」と笑顔で話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3144293 0 経済 2022/07/06 08:08:00 2022/07/06 11:06:02 2022/07/06 11:06:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220706-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)