ガソリン173・6円、5週ぶりに値下がり…政府補助金で36・2円抑制

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 資源エネルギー庁が6日発表した全国のレギュラーガソリンの平均価格(4日時点、1リットルあたり)は、前週よりも1・3円安い173・6円となり、5週ぶりに値下がりした。

資源エネルギー庁
資源エネルギー庁
給油するガソリンスタンドのスタッフ(鹿児島県奄美市で)
給油するガソリンスタンドのスタッフ(鹿児島県奄美市で)

 政府はガソリンの平均価格を168円程度に抑えるため、石油元売り会社に補助金を支給している。6月30日~7月6日分は1リットルあたり38・4円の補助金を出し、36・2円の価格抑制効果があったという。

 7~13日は40・8円を支給する。上限の35円を超えた分は半額を支給する仕組みとなっており、上限超えは8週連続となる。

 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国による「OPECプラス」は大幅な増産を見送っており、ガソリン価格は高止まりが続きそうだ。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3145329 0 経済 2022/07/06 14:21:00 2022/07/06 17:37:42 2022/07/06 17:37:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220706-OYT1I50099-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)