NYダウ反発、終値69ドル高…FOMC議事要旨が想定内で買い注文優勢

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】6日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価(30種)は反発し、終値は前日比69・86ドル高の3万1037・68ドルだった。

ニューヨーク証券取引所
ニューヨーク証券取引所

 米連邦準備制度理事会(FRB)が6日公表した連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、7月も大幅利上げを続ける見通しが示された。ただ、市場では想定の範囲内と受け止められ、買い注文が優勢だった。

 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は39・61ポイント高い1万1361・85だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3147016 0 経済 2022/07/07 05:44:00 2022/07/07 05:44:00 2022/07/07 05:44:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220707-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)