NY原油、半年ぶり90ドル割れ…英中銀利上げで景気減速予測

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰裕】4日のニューヨーク原油先物市場で、代表的な指標となるテキサス産軽質油(WTI)の9月渡し価格の終値は前日比2・12ドル安の1バレル=88・54ドルだった。ロシアによるウクライナ侵略前の2月上旬以来、約半年ぶりに90ドルを割り込んだ。

クリミアの飛行場爆発、ロシアは「軍用機9機失った」…ゼレンスキー大統領演説

 英イングランド銀行(中央銀行)が4日、利上げを発表し、景気減速で原油消費が減るとの見方が強まった。米国で夏の旅行シーズンなのに、原油の在庫が増えていることも相場を下押ししている。

 WTIは、2月24日のロシアのウクライナ侵略後、1バレル=100ドルを超え、ピーク時の3月には120ドル台に達した。世界景気の後退懸念によって6月以降、下落基調が続いている。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3231528 0 経済 2022/08/05 13:22:00 2022/08/05 13:22:00 2022/08/05 13:22:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)