国内生産300万台回復へトヨタ正念場…生産拠点として安定、日本再評価の声も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は2022年度の国内生産について、3年ぶりに300万台を回復する見通しを据え置いた。300万台は、トヨタが国内工場の競争力を維持する目安としている水準だ。原材料費の高騰に苦しむ部品メーカーへの支援を強化し、コロナ禍による生産の遅れを挽回していくシナリオを描いている。(山本貴徳)

コロナ対応で優先すべきは「経済活動」46%、「感染防止」は45%…読売世論調査

想定外の事態

 4~6月期のトヨタ・レクサスブランドの国内生産は、前年同期比22%減の約59万台にとどまった。コロナ禍が深刻化した20年4~6月(50万台)に次ぐ低水準だ。

トヨタ自動車東日本岩手工場の生産ライン(岩手県金ヶ崎町で)
トヨタ自動車東日本岩手工場の生産ライン(岩手県金ヶ崎町で)

 半導体をはじめとする部品不足で、繰り返し工場が停止した。中国・上海のロックダウン(都市封鎖)、半導体メーカーの工場火災、愛知県で発生した工業用水の供給停止など、想定していなかった事態が相次いだ。目標の300万台を達成するためには、3か月ごとに80万台のペースで生産しなければならない計算となる。

 顧客に納車を待ってもらっている「受注残」は、国内だけで80万台規模に膨らんでいる。信頼をつなぎとめるためにも生産の回復は必須だ。

 トヨタは、課題だった半導体の調達には「ある程度のめどがついた」と説明している。増産に向けた人員確保も準備が整いつつあり、7~9月期からは、段階的に生産を増やす方針だ。

雇用・技術を維持

 国内の新車市場が縮小する中でも、トヨタが生産「300万台」を掲げ続けるのは、雇用や技術、サプライチェーン(部品供給網)を支えていくのに必要な水準だと考えるためだ。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3233811 0 経済 2022/08/06 07:43:00 2022/08/06 07:43:00 2022/08/06 07:43:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/08/20220805-OYT1I50202-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)