自民補選2敗 参院選に向け慢心を排せるか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 衆院補欠選挙での2敗は、政府・自民党にとって痛手だ。夏の参院選に向けて、安倍首相は、緩みが指摘される政権の引き締めを迫られよう。

 2012年の第2次安倍内閣の発足以降、自民党候補が国政選挙の補選で敗れたのは初めてだ。

 自民党議員の死去に伴う大阪12区の補選は、日本維新の会の新人が4候補の争いを制した。統一地方選での府知事・市長のダブル選で勝利し、維新に勢いがあったということだろう。

 自民党は、前議員の弔い選挙として臨んだが、議席を維持できなかった。党の支持者が他の候補に流れており、地元組織の結束に課題を残した形だ。関西に強い基盤を持つ公明党の支援を受けたものの、届かなかった。

 沖縄3区補選は、県知事に転出した玉城デニー氏の失職によるものだ。選挙区は、米軍普天間飛行場の移設先である名護市を含む。移設反対を掲げる玉城氏の後押しを受けた野党系無所属の新人が、自民党候補を破った。

 移設計画への根強い反対を裏付ける結果だが、普天間の危険性を除去しつつ、抑止力を維持する上では、辺野古への移設が現実的な唯一の選択肢である。

 安全保障政策は、政府が国際情勢などを勘案し、国民の生命・財産を守るために、責任を持って推進しなければならない。計画の意義や重要性を粘り強く訴え続けていく必要がある。

 自民党が不利な事情を抱えた両補選の結果は、必ずしも参院選の帰すうに直結しまい。とはいえ、閣僚や副大臣の失言による辞任に対して、有権者が厳しい視線を向けているのは確かだ。

 参院選のカギを握る改選定数1の「1人区」は、世論の風向き次第で勝敗が大きく変わり得る。

 自民党は国政選挙で5連勝しているが、野党の多党化に救われた面もある。内閣支持率は一定の水準を維持しているものの、緩みと慢心を排さなければ、参院選は厳しい戦いを余儀なくされよう。

 首相が真摯しんしな姿勢で政策を遂行できるかが問われる。

 立憲民主、国民民主両党は、大阪12区では独自候補を擁立できず、自主投票に回った。沖縄3区では、辺野古移設反対という旗の下に結束できたが、他の地域で同様の手法は通用しまい。

 参院選で共闘し、「1強自民」に対抗する結集軸を作れるのか。現状は甚だ危うい。政権批判に終始せず、幅広い支持を得られる現実的な政策を掲げるべきだ。

無断転載禁止
547647 0 社説 2019/04/22 05:00:00 2019/04/22 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ