新天皇の即位 時代の幕開けを共に祝いたい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

◆象徴の在り方の継承と模索と◆

 木々が芽吹き、新緑がまぶしい季節の訪れとともに、令和の時代が動き出した。新天皇陛下が即位されたことを、心からお祝い申し上げる。

 皇居・宮殿「松の間」で、「剣璽けんじ等承継の儀」に続き、「即位後朝見ちょうけんの儀」が行われた。

 朝見の儀で、陛下は「常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、象徴としての責務を果たす」と述べられた。初のお言葉には、国民と苦楽を共にする決意が込められている。

 今回の退位に伴う皇位継承の一連の儀式が、憲法との整合性を取りつつ、滞りなく執り行われたことを歓迎したい。

◆国民とのふれ合い重視

 陛下は、日本が高度成長期にあった1960年のお生まれだ。それまでの皇室の慣例と異なり、ご両親の手元で育てられた。

 初めてご両親の公務に同行されたのは、64年の東京オリンピックの時だったという。国民に寄り添いながら、公務に真摯しんしに取り組まれる父の姿を、間近で見ながら成長された。

 皇太子時代の2017年、「両陛下のように、人々と共に喜び、共に悲しむことを続けていきたい」と記者会見で述べられた。平成の天皇が築かれてきた象徴像を引き継ぐ思いがうかがえる。

 戦時下で幼少期を過ごされた平成の天皇は、平和を願うお気持ちを各地への慰霊の旅という行動で示された。陛下も子供の頃から、ご両親と共に、沖縄戦終結の日や広島、長崎原爆投下の日、終戦記念日に黙祷もくとうささげられた。

 戦後生まれの陛下も、惨禍の歴史と平和の尊さを、次代に伝える役割を担われることになる。

 昨夏には赤坂御用地で、視覚障害者マラソンの女子選手の伴走を務められた。陛下の気さくな人柄を物語る。国民との直接的なふれ合いを大事にされる姿に、親しみを感じる人は多いに違いない。

◆知見の活用期待される

 陛下は長年にわたり、治水や水運など「水」問題の研究に取り組まれ、防災への関心も高い。平成の時代、日本は豪雨や台風など度重なる自然災害に見舞われた。培われた知見が、様々な場面で生かされることを期待したい。

 歴代天皇で初めて海外留学も経験された。23歳の時から2年間、英国オックスフォード大で研鑽けんさんを積み、その後も外国訪問を重ねられている。グローバル時代に皇室外交が果たす役割は大きい。外交官出身の新皇后雅子さまと共に、国際親善で活躍されるだろう。

 「僕が一生、全力でお守りいたします」。そんな陛下のお言葉を受けて、皇后さまは皇室入りされた。03年から療養が続くが、ここ数年、活動の幅を広げられ、東日本大震災の発生後、陛下の被災地入りに全て同行された。

 ただ、医師団は「依然として快復途上で、ご体調には波がある。過剰な期待は逆効果」との見解を示す。今後も体調に気を配りながら、着実に公務を重ねていかれることが望まれる。国民は温かく見守り続ける必要がある。

 皇位継承順位第1位には、秋篠宮さまが就かれた。皇嗣となり事実上、皇太子としての役目を果たされる。多くの公務をこなされてきたが、今後は一段と責任が重くなる。

 弟が皇太子待遇と位置づけられるのは、「父が天皇、長男が皇太子」という形が続いた明治以降初めてだ。令和の皇室は、59歳の陛下と53歳の秋篠宮さまが中心を担われる。

◆天皇・皇嗣への支えを

 陛下は今年2月、「時代時代で新しい風が吹くように、皇室の在り方も変わってくる」と発言された。今後も新たな皇室像の模索が続くことになろう。

 宮内庁は、陛下、秋篠宮さまと十分に意思疎通を図り、必要なサポートをしなければならない。

 代替わりにより、皇位継承権を持つ男性皇族は3人に減り、戦後最少になった。陛下の叔父の常陸宮さまは83歳、秋篠宮家の長男悠仁さまは12歳である。

 今後、結婚により、女性皇族の皇籍離脱が予想され、公務の担い手が減るのは避けられない。

 安定的な皇位継承と皇室の維持を実現する上で、女性宮家の創設などを検討していくべきだ。

 平成の30年で、日本の家族の形は多様化し、人間関係の築き方も変化した。令和でも恐らく、この傾向は変わらないだろう。

 「人と人とのつながりが、これまで以上に大切な時代になっている」。昨年6月、陛下は文書でそうつづられた。そのお言葉をかみしめながら、私たちも令和の時代を歩んでいきたい。

無断転載禁止
564113 0 社説 2019/05/02 05:00:00 2019/05/02 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ