米中貿易摩擦 協議重ねて泥沼化に終止符を

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界経済の前途を危うくする深刻な事態だ。交渉を早期に再開し、制裁と報復の泥沼化に終止符を打たねばならない。

 米中の閣僚級による貿易協議が、進展のないまま終わった。この間に米国は、2000億ドル(約22兆円)分の中国製品に課す制裁関税を10%から25%に上げた。制裁対象を中国からの全輸入品に拡大する手続きも始めた。

 これに対して中国も、報復措置を講じる方針を示している。

 米中の対立激化は世界の貿易や投資を滞らせ、市場の不安定化を招く。世界を牽引けんいんする両国が、高関税をかけ合う危機的状況を直ちに収束する必要がある。

 話し合いによる解決への道を、あくまで探り続けるべきだ。

 貿易や金融取引などで米中経済は、緊密な相互依存関係にある。相手国の苦境は自国に跳ね返る。貿易戦争に勝者は存在しないことを互いに認識せねばなるまい。

 交渉が難航するのは、米中が貿易摩擦だけでなく、先端技術や安全保障を巡る覇権争いも繰り広げているためだ。米国は、中国による自国産業への補助金支給が外資との自由な競争を妨げているとして、強く見直しを迫っている。

 こうした施策は、政府主導で成長産業を育成する中国の国家戦略の根幹を成す。特にハイテク産業の振興は軍事技術の開発に結びつくため応じられないのだろう。

 だが、既に中国は世界第2の経済大国だ。海外市場で自由貿易の恩恵を一方的に享受するだけでなく、公平な競争環境を国内にも整え、市場を開放する責任を負う。補助金政策の是正などを、米国に確約することが不可欠である。

 米国は、合意事項を順守する体制の整備も求めている。中国は前向きに応じるべきだ。

 制裁関税を「脅し」の材料にして、強引に譲歩を引き出そうとする米国の姿勢にも問題はある。

 不公正な慣行を中国がやめないからといって、米国まで国際ルールを無視するのは許されない。

 自国主導で築いた自由貿易体制を自らないがしろにすれば、やがてモノやお金の流れが細り、米国経済の強みも損なわれてしまおう。

 中国の行動を正すなら、日欧とも連携し、多国間の枠組みで圧力をかけるのが本来の筋だ。

 日本も米中協議の行方を注視せねばならない。日米貿易交渉でも日本に制裁を振りかざし、強硬に譲歩を迫ってくる恐れがある。

 米中協議のような混乱を引き起こさないために、建設的な議論を重ねていくことが大切になる。

578556 0 社説 2019/05/12 05:00:00 2019/05/12 05:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ