大阪の古墳群 古代の理解広げる世界遺産に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 古代日本の古墳群に普遍的価値があると判断された。令和の始まりを飾る吉報と言えよう。

 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の諮問機関が大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」について、世界文化遺産への登録を勧告した。6~7月に開かれる世界遺産委員会で、正式に登録される見通しだ。

 諮問機関は「傑出した古墳時代の埋葬の伝統と社会政治的構造を証明している」と評価した。土の建造物の優れた技術を示し、権力を象徴した歴史の物証であると認められた意義は大きい。

 対象となった百舌鳥・古市古墳群は、4~5世紀に築造された49基の古墳からなる。国内最大の前方後円墳、仁徳天皇陵古墳(大山だいせん古墳)や第2位の応神天皇陵古墳(誉田御こんだご廟山びょうやま古墳)など、天皇や皇族らの墓である陵墓を含む。

 これらは、東アジアの中で日本が独自の文化を形成した過程を裏付ける遺産である。

 中でも仁徳陵古墳は、エジプト・クフ王のピラミッドや中国・秦の始皇帝陵に匹敵する規模で、世界3大墳墓にも数えられる。人類の宝とみるのは自然だろう。

 世界遺産登録後の課題は、その威容や歴史を外国人を含めた来訪者にどう伝えるかである。

 巨大な前方後円墳は、飛行機などで上空から見下ろさない限り、その形状を確認できない。堺市博物館では、仮想現実(VR)で再現した古墳群の俯瞰ふかんした映像を見られるようにしている。こうした取り組みを進めたい。

 歴代の天皇などが眠る陵墓の中には、被葬者が学術的に証明されていないものも少なくない。調査研究の必要性は高いが、管理する宮内庁は、「静安と尊厳の保持」という理由から、内部への立ち入りを厳しく制限している。

 宮内庁と堺市は昨年、仁徳陵古墳の墳丘を囲む堤を共同調査し、埴輪はにわの発見など一定の成果を得た。今後も可能な限り、陵墓の実像に迫る努力を重ねてほしい。

 世界遺産の本来の目的が構成資産の保存と継承にあることも、忘れてはなるまい。

 古墳群は市街地にある。堺市内の古墳は戦後、宅地開発で次々と壊された。その中で住民が保存に動き、今回の資産の一つ、いたすけ古墳が残された歴史がある。

 ユネスコの諮問機関は、古墳群が都市開発の影響を受けるリスクを指摘した。政府や自治体はこれからも、地域住民と協力し、貴重な遺産である古墳群の十全な保存に努めてもらいたい。

無断転載禁止
589012 0 社説 2019/05/18 05:00:00 2019/05/18 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ