豪雨対策 「自助」を基本に警戒怠りなく

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 九州南部が記録的な大雨に見舞われた。梅雨前線の影響による豪雨や台風が相次ぐ季節である。命を守るための警戒を怠らないようにしたい。

 鹿児島、宮崎、熊本各県で先月末から強い雨が降り続いた。総雨量が平年の7月1か月分の3倍近くに達した地域もある。

 長雨で地盤が緩み、土砂災害が起きやすい状態になっている場所が少なくない。今後も雨が降る可能性があり、注意が必要だ。

 この時期には災害が集中する。昨年の西日本豪雨では200人以上が死亡し、平成最悪の豪雨被害となった。2年前には関連死を含め42人の死者・行方不明者が出た九州北部豪雨があった。

 河川の堤防が決壊し、広域で浸水した。土砂崩れが多くの家屋を押しつぶした。大雨に備える対策を講じねばならない。

 政府は、国土強靱きょうじん化に向け、7兆円規模の緊急対策を決めた。3年間で、堤防のかさ上げや砂防施設の整備などハード面を中心に強化していくという。参院選の公約で、自民党はこの対策を着実・迅速に進めるとした。

 水害が発生しやすい箇所は全国各地にあるだろう。財源には限りがあるだけに、緊急性や想定される被害の規模を踏まえ、優先度を見極めながら、整備を行っていくことが大切である。

 豪雨に見舞われた際、特に重要なのが、早めの避難だ。

 気象庁などは5月、危険度のレベルを5段階で公表する運用を始めた。自治体は「レベル3」なら高齢者に避難を促し、「レベル4」なら住民全員に避難を求める。

 今回の九州南部の大雨は、「レベル4」だったため、避難指示・勧告が190万人超に出された。鹿児島市は市内全域を避難指示の対象にした。一部地域では住民の避難用にバスを出した。自治体の切迫感の表れと言えよう。

 一方で、避難所に身を寄せた人の割合を示す避難率は、0・6%だったという。住民の行動についての検証が求められる。

 自分の命は自らが守る「自助」の意識の徹底も欠かせない。

 公明党は参院選の公約で、住民が災害時の行動計画を事前に決める「マイ・タイムライン」の普及を挙げている。こうした取り組みを進めるのは有効だろう。

 ハザードマップで危険性を知らせ、安全な避難場所を確保する。自助を支える施策も必要だ。自治体は空振りを恐れずに避難を呼びかけるとともに、日頃から適切な情報提供を心がけてほしい。

無断転載禁止
675558 0 社説 2019/07/06 05:00:00 2019/07/06 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ