アニメ会社放火 理不尽な凶行に憤りを覚える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 アニメ制作に打ち込んでいた多数の命が奪われた。理不尽で卑劣な犯行に憤りを禁じ得ない。

 京都市にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオが放火され、30人以上が死亡した。負傷者も30人を超える。平成以降の火災で死傷者数が最悪の惨事だ。

 放火したとみられる41歳の男が身柄を確保された。「死ね」と叫んで1階玄関から侵入し、ガソリンをまいて、火をつけた。現場には複数の刃物も残っていた。

 男は、この会社に勤務したことがない。さいたま市に住んでいたとみられ、近隣と騒音トラブルになったこともあるという。凶行の動機は何だったのか。京都府警は解明に努めてもらいたい。

 現場の建物は鉄筋コンクリート造3階建てで、1階から3階まで吹き抜けのらせん階段があった。これを通って、炎や煙が一気に上階まで達した可能性がある。

 犠牲者の大半は一酸化炭素中毒で亡くなったとみられる。3階から屋上への階段で重なるように倒れていた人も多い。屋上へ避難を試みたが、炎と煙が短時間で充満し、逃げ場を失ったのだろう。

 この建物は消防法令上、「事業場」に該当し、スプリンクラーや屋内消火栓の設置義務はない。京都市消防局の立ち入り検査でも法令違反はなかった。

 建物の構造などが被害の拡大に影響を及ぼさなかったか、検証が求められる。同じような建物について、避難経路を再確認し、不測の事態に備える必要もあろう。

 多数の被害者を出す放火事件は後を絶たず、ガソリンも度々悪用されている。従業員がいるガソリンスタンドに専用の携行缶を持参すれば、金属製なら60リットルまで購入できる。今回の男も現場近くで40リットル買ったとみられている。

 警察庁は販売業者に、不審人物が購入しようとした際の通報を求めているが、注意喚起にとどまる。購入者の身元を確認する法的な義務もない。ガソリンが凶器になりうることを踏まえれば、身元や使途を確かめるべきではないか。

 京都アニメーションは「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん!」などのヒット作を連発し、「京アニ」の愛称で親しまれる。質の高い作画と演出は業界トップクラスとされ、海外でも人気は高い。

 制作会社が東京に集中するなかで、地方のけん引役となり、日本アニメのブランド力を象徴する存在だった。ファンの衝撃は大きく、アニメ界には多大な損失だ。事件を乗り越え、再起してほしい。

無断転載禁止
699705 0 社説 2019/07/20 05:00:00 2019/07/20 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ