羽田新ルート 増便へ住民の理解広げたい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 訪日外国人客の受け入れ拡大へ、首都圏空港の機能強化は欠かせない。国は、住民の理解を得る努力を続けるべきだ。

 国土交通省は、羽田空港の国際線増便のため、東京都心上空を通る新たな飛行ルートの運用を来年3月29日から始める。

 新ルートは、南風が吹く日の午後3~7時の間に、着陸用として活用する。東京都内では、新宿から恵比寿、大井町方面に向けて、上空を降下していく。

 国際線の昼間の発着回数は、現行の年間約6万回から約9・9万回にまで増やせるという。

 政府は、訪日客の誘致を成長戦略の柱に位置づける。東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に、4000万人に増やすことを目指す。このため、羽田と成田を合わせた首都圏空港の能力増強が課題となっていた。

 国交省によると、両空港から国際線で結ぶ都市は100程度で、ソウルやシンガポールなどより少ない。都市間競争の観点からも発着便数の増加が求められる。

 大切なのは、新ルート付近の住民の不安解消だ。時間帯が限られているとはいえ、多い日は130機程度が都心の上空を1000メートル以下の高度で飛ぶことになる。

 国交省は既に、関係自治体の了承は取り付けている。ただ、騒音や落下物に対する周辺住民の懸念は、まだ消えていない。

 大阪空港(伊丹空港)や福岡空港も市街地に近接している。他空港の事例を参考にしながら、引き続き住民の声に耳を傾け、対策に万全を期す必要がある。

 国交省は、飛行高度が1000メートル以下になる地域では、最大60~80デシベル程度の騒音が発生すると見込んでいる。80デシベルは「地下鉄の車内」に相当するとされる。

 騒音対策では、地上に近い高度での飛行を減らすため、着陸する際の降下角度を当初案の3度から3・5度に引き上げる。飛行高度は、大井町付近で約300メートルから約340メートルに、新宿では約910メートルから約1040メートルに上がる。

 この程度の角度であれば、「着陸の安全性に問題はない」(国交省)というが、操縦士にはより高い技術が求められよう。国や航空会社は、操縦士の訓練などを徹底してもらいたい。

 羽田と成田の役割分担の明確化も検討課題だ。羽田は北米中心のビジネス路線を充実させ、成田は乗り継ぎや格安航空会社(LCC)の需要を取り込むことが想定される。効率的な運用で、国際競争力を高めることが重要だ。

無断転載禁止
739292 0 社説 2019/08/14 05:00:00 2019/08/14 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ