読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

夏休み明け 子供の異変に目をこらそう

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夏休みが終わり、新学期の授業が始まる時期が来た。子供の様子に変化がないか。周囲の大人が目をこらしたい。

 政府の自殺対策白書によると、過去10年では、8、9月に小中高生の自殺が多い。昨年の未成年者の自殺者は599人で、他の世代がおおむね減少する中、前年比で6%ほど増えていた。

 友達とうまくいかない。授業についていけない。集団生活が苦手だ――。そんな理由から、新学期で学校生活に戻ることに、不安を感じる子供もいるだろう。最悪の選択をさせないためには、悩みを受けとめることが欠かせない。

 「だれにでもこころが苦しいときがある」「どんなに苦しくても、必ず終わりがある」。北九州市が作成した、子供向けの自殺予防ちらしのメッセージだ。浮かない顔の子供に、教員がこんな言葉をかけ、心をほぐしてほしい。

 どうしても登校したくないと思う子にとっては、無理をせずに学校を休むのも一つの選択肢だ。

 今月開設されたウェブサイトには、全国150か所以上の子供の居場所が紹介されている。9月中旬までは、フリースクールや食堂、外遊びを楽しめるプレーパークが無料や割安で利用出来る。関連施設が協力する初の試みという。

 悩みを共有する仲間に出会えば、気持ちも楽になろう。子供たちが各施設で過ごす時間を通じて、元気を取り戻せるといい。

 この5年間で、不登校の小中学生は急増した。背景の一つには、教育機会確保法が成立し、フリースクールなど、学校以外の学びの場が認知されたことがある。

 一方で、不登校経験者の調査では、4割が「学校に行けば良かった」と後悔している。学校は、社会性や基礎学力を身につける貴重な場である。学校に戻れる準備のできた子には、教員や親が適切に背中を押してやりたい。

 夏休み明けの子供たちの中には、家庭に問題を抱えているケースも少なくない。

 やせた子は、給食のない夏休み期間中に、家庭で食事を十分とれていなかった可能性がある。あざのある子やけがをした子は、虐待を受けているかもしれない。

 千葉県野田市の小4女児虐待事件では、夏休み明けや冬休み明けに欠席が続いた末に、女児の命が失われた。学校が機敏に対応すれば、悲劇は防げたはずだ。

 児童生徒に異変がみられた場合には、学校や児童相談所、警察が連携して、子供の命を守ることに全力を挙げてもらいたい。

無断転載・複製を禁じます
753260 0 社説 2019/08/21 05:00:00 2019/08/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)