訪日客の急増 分散化で観光公害を防ぎたい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大勢の外国人が日本を訪れてくれるのは歓迎だが、地域住民の生活に支障が出るようでは困る。訪日客との共生に知恵を絞らねばならない。

 観光客の急増による「オーバーツーリズム」(観光公害)が、一部で深刻化している。

 観光シーズンの京都市では、訪日客が街にあふれ、通勤・通学客が路線バスに乗れない事態が起きている。神奈川県鎌倉市では、交通渋滞が頻発し、救急搬送が遅れる影響が出ているという。

 マナー違反も見過ごせない。観光庁の調査では、トイレの汚れや住宅地でのゴミの投棄、立ち入り禁止区域への侵入などを問題視する自治体が多かった。

 早めに対策を打たねば、弊害がさらに大きくなる恐れがある。

 政府の誘致策が奏功し、2018年の訪日客は3000万人を超えた。5年で約3倍になった。政府は20年に4000万人、30年に6000万人の目標を掲げる。

 訪日客の消費額は、年4兆円を上回る。波及効果は大きい。

 問題は、訪日客が特定の時期や場所に集中することだ。分散に向けた取り組みが重要になる。

 サクラや紅葉の季節が人気の京都では、JR東海が初夏の「青もみじ」のPRに力を入れる。静岡、山梨の両県は、平日に富士登山するよう呼びかけている。

 有名な観光地と周辺自治体が連携し、人の流れを変える新たな周遊ルートを提案してはどうか。

 9月に始まるラグビー・ワールドカップ日本大会は、北海道から九州までの12都市が会場だ。知られていない各地の魅力を、世界に伝える絶好のチャンスとなる。

 マナーの改善も、粘り強く呼びかける必要がある。掲示やパンフレット、インターネットなど様々な手段を駆使したい。

 旅行客は世界的に増えている。オーバーツーリズムは海外の先行事例も多く、参考になろう。

 世界遺産「サグラダ・ファミリア大聖堂」で知られるスペインのバルセロナでは、渋滞やゴミ問題により、住民の抗議デモが起きた。中心部でのホテル新設を禁止するなどの措置を講じている。

 イタリアのベネチアでは、混雑を嫌う住民の転居が相次いだ。クルーズ船の入港や市中心部への立ち入りを一部制限する。

 日本でも、悪影響が拡大した場合、一定の規制はやむを得まい。京都市など宿泊税を導入して対策に充てる自治体もある。有効策を探り、訪日客を気持ちよく迎えられる環境を整えたい。

無断転載禁止
768189 0 社説 2019/08/29 05:00:00 2019/08/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ