国際協調の衰退 トランプ流の拡散を懸念する

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 各国の利害を調整し、安定した世界秩序を維持するには、国際協調が欠かせない。その意義を訴え続け、行き過ぎた「自国第一主義」の蔓延まんえんを防ぐことが大切である。

 「未来はグローバリスト(国際主義者)のものではない。愛国者のものだ」。トランプ米大統領は国連演説でそう強調した。「賢明な指導者は常に、自国民と自分の国を第一にする」とも語った。

 各国の首脳が国益を最優先するのは当然である。だが、テロや気候変動、貧困など、国境を超えた課題は、一国だけで解決できない。自国の利益のみを追求すれば、紛争が広がり、経済的利益も阻害されるのは自明である。

 国連は、2度にわたる大戦の反省から、米国の主導で創設された。世界の平和と安全を維持するため、各国が協調することを基本理念としている。その先頭に立ってきた大国の指導者が、内向きの姿勢に終始したのは残念だ。

 トランプ氏は演説で、国際的な枠組みよりも、各国の主権や独立性が重視されるべきだとの考えを示した。中国やロシアが、国際社会の干渉を拒むのと同じ理屈である。強権政治や人権侵害が放置されることになりかねない。

 トランプ流の政治は、すでに拡散し始めている。ハンガリーやトルコ、ブラジルなどの指導者は、国際主義はエリートが主導する国益軽視の考えだと主張し、支持を集める。ポピュリズム(大衆迎合主義)の要素が色濃い。

 自国第一主義が広がる背景に、多国間の枠組みが機能しにくくなっていることは確かにある。

 関税などを巡る紛争を処理する世界貿易機関(WTO)は、中国のルール破りの貿易慣行を是正できていない。制度を見直し、実効性を高めることが必要だ。

 資源に乏しい日本は、国際協調に基づく自由貿易の恩恵を受けてきた。安倍首相は国連演説で、「多国間主義の枠組みとグローバリズムを、格差を減らすためにこそ用いる」と強調した。

 日本は今年、主要20か国・地域(G20)首脳会議を主宰し、WTO改革やデジタル社会のルール作りを提起した。アフリカ開発会議(TICAD)では、投資や貿易の活性化を後押しした。

 とはいえ、自国第一主義の行き過ぎを戒めるメッセージとしては物足りない。

 国際秩序が揺らいでいる現状に危機感を持ち、多国間協調を取り戻す重要性を広く訴える。その役割こそ、首相には求められる。

無断転載・複製を禁じます
813991 0 社説 2019/09/26 05:00:00 2019/09/26 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ