ふるさと納税 趣旨逸脱許さなかった総務省

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 善意の寄付で地方を応援する。そうした制度の趣旨を逸脱した行為はやはり看過できないという判断なのだろう。

 総務省は大阪府泉佐野市をふるさと納税制度から外した決定を維持し、引き続き対象外とすると発表した。総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」から再検討を勧告されていた。

 泉佐野市は豪華な返礼品の提供で、巨額の寄付を集めてきた。総務省は6月から「寄付額の3割以下の地場産品」という返礼品の基準を定めた法律を施行し、従ってこなかった泉佐野市を除外した。この処分の是非が焦点だった。

 委員会は「過去の寄付集めだけを理由にした除外はできない」として再考を迫った。これに対し、総務省は「過去の事実関係を除外の基準の一つにすることは許容されるべきだ」と説明した。

 委員会の勧告を受け入れなかったのは、豪華な返礼品がふるさと納税制度をゆがめる事態に歯止めをかける意思の表れと言える。

 泉佐野市は2月から「閉店キャンペーン」と称し、うなぎや肉などの返礼品に加え、インターネット通販「アマゾン」のギフト券を提供した。法施行前の駆け込み寄付を狙ったのは明らかである。

 大半の自治体は、6月の法施行後の基準に沿うよう返礼品の内容を見直した。「不当な募集を行った泉佐野市が同じようにふるさと納税制度に参加できれば、他の自治体の納得は得られない」と総務省が指摘したのはうなずける。

 ふるさと納税では、居住地と違う自治体に寄付すると、それに近い額が住民税などから差し引かれる。本来税金を納めてもらうはずだった自治体にすれば、制度の趣旨を逸脱した泉佐野市に税収を奪われたという思いは強い。

 ただ、国が自治体に対して不利益な処分を科す際には、明確な法的根拠が必要だ。法施行前の行為を理由にした総務省の処分を委員会が問題視したのも一理ある。

 処分の正当性に関する法的な裏付けについて今回、総務省が十分説明できているとは言い難い。

 泉佐野市は強く反発しており、大阪高裁に提訴する考えだ。今後の裁判では、総務省が説得力のある処分の根拠をどこまで示せるかが、鍵を握るだろう。

 ふるさと納税には、地方の活性化を後押しする役割がある。国と自治体が反目するのは、あるべき姿ではない。双方が連携して、制度の趣旨に対する理解を広げ、善意の寄付文化を根付かせていくことが求められる。

無断転載禁止
827540 0 社説 2019/10/04 05:00:00 2019/10/04 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ