PISA調査 読解力低下に歯止めかけたい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本の子供たちは、理数分野ではトップレベルを維持したものの、読解力の低下が目立つ。

 経済協力開発機構(OECD)が、昨年行った国際学習到達度調査(PISA)で、そんな結果が出た。気がかりな状況である。

 PISAは、3年ごとに行われ、今回は79か国・地域から義務教育修了段階の約60万人が参加した。日本は、無作為抽出された高校1年生ら6100人が受験した。

 日本の平均点は、「数学的応用力」が6位、「科学的応用力」が5位だった。一方、「読解力」は15位で、前々回の4位、前回の8位から下がり続けている。

 近年、教材の文章を理解できない子供が増えているとの声が、教員らから聞かれる。今回、読解力の調査で、成績下位層の割合が顕著に増加した。現場の懸念を裏付けていると言える。

 正答率が低かったのは、文章から必要な情報を探し出したり、文章の信用性を吟味したりする問題だ。自分の考えを、根拠を示して説明する自由記述式問題でも、得点が振るわなかった。

 誰もが様々な情報を発信できるインターネット社会では、情報の真偽を見抜く力が求められる。文章の表現力は、実社会で意見や提案を相手に伝える際に欠かせない。こうした力が足りないとすれば深刻な問題だろう。

 スマートフォンの普及により、子供たちのコミュニケーションでは、仲間同士の短文や絵文字のやりとりが中心になった。長い文章をきちんと読み、分かりやすい文章を書く機会が減っている。

 子供を取り巻く言語環境の変化が、今回の読解力低下の一因となっているのではないか。

 一方で、小説や伝記、ルポルタージュ、新聞まで幅広く読んでいる生徒は、読解力の得点が高かった。活字に触れていることが、文章を的確に理解する力を育んでいるのは間違いない。

 大切なのは、読解力の低下に歯止めをかける地道な取り組みを学校現場で続けることだ。

 文部科学省は今後、小中高校の国語の授業などで、文章の論理展開を重視した指導を充実させる方針だという。論理的思考力の涵養かんように加え、文学に親しむ時間もしっかりと確保して、他者への共感性や想像力を培いたい。

 授業の内容や自分の考えをノートに手書きでまとめる習慣を付けることも、思考を言語として表現するのに役立つ。すべての教科での実践が望まれよう。

無断転載禁止
932109 0 社説 2019/12/04 05:00:00 2019/12/04 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ